東京の口臭外来の費用対効果ランキング

子供の口臭のパターン別の原因と対策

 

顔を近づけて、一生懸命語りかける子供の姿はほほえましいものですが、
お喋りに耳を傾けつつも、口臭が気になったということはありませんか? 
多くは一過性のもので、そのうち気にならない程度に落ち着きます。

 

しかし、いつも口臭がする、ずっと続いている、というケースは口内に何らかの問題が
隠れている可能性があります。この記事では子供の口臭の原因について、
身体的なものによる「生理的口臭」と、
病気による「病的口臭」に区分けして取り上げ、口臭ケアの方法に関して、説明していきます。

 

 

「生理的口臭」の原因と対策

 

寝起き

ハミガキして寝たはずなのに、朝起きてすぐの子どもの口臭が苦しくて
驚いたというケースがあります。元来、子供は唾液量が多いのですが、
口呼吸の特徴がある子供や唾液量の少ない子供は、
口内の自浄作用が下がって雑菌が繁殖します。
これが起床直後時の口臭の原因です。水分を取って、
舌をよく動かし、口を塞いで呼吸することで、改善していくでしょう。

 

むし歯・歯周病

子供の口臭の原因として多いと言えるのは、
むし歯や歯周病等の口腔内トラブルによるものです。むし歯が進行すると、
よく言う「むし歯のにおい」が発生するようになります。
むし歯はミュータンス菌という菌が発生させる独特の臭いがあるのです。

 

ハミガキが不十分だったり歯並びが悪かったりして、食べ物のカスがたまって歯垢や歯石となると、
これも口臭の原因になります。この場合、歯磨きの時に出血するなど、
単純性歯肉炎と診断されるかもしれません。

 

口臭を防ぐ方法は、むし歯や歯周病を防ぐこととイコールです。
甘いものは控えめに、食事の後や就寝前のハミガキ習慣を身につけさせるといいですね。
また、歯表面のエナメル質が溶け出してしまわないよう、
だらだら食いはオススメできません。もちろんお菓子だけでなく、
甘いジュース類も同様に注意する必要があります。

 

舌の汚れ

 

舌の表面が白くなっていませんか? 
これは「舌苔と呼ばれる苔状の汚れになります。
食べかすや粘膜がはがれ落ちたものに雑菌が繁殖し、異臭を放ちます。
通常なら唾液で自然に洗い流されるものですが、
唾液量が少々だったり免疫力を下げたり消化器系の疾患等で、
舌苔が溜まってしまうことがあります。歯ブラシを使って舌の表面をなでてしまうと、
舌を傷付けてしまいます。舌苔ケア専用のソフトなブラシで、優しく取り除きましょう。

 

ストレス

 

意外に思われるかもしれませんけど、子供のストレスが口臭に影響を
及ぼしている原因となっているケースがあります。
人の身体はストレスを感じると唾液の分泌量が下がりますので、
それぞれで口内が渇き、口内環境が悪い状態になってしまうのです。

 

緊張状態が長く続くことは子供の心身にストレスをかけますので、
ふだんから精神面へのケアも心がけてあげると良いと思います。
逆に、ストレス以外にも、栄養バランスの悪さも、口臭が生じる原因だと考えられています。
全身に体調異常をもたらす悪習慣は、口内環境を乱し口臭の発生につながるもの。
口臭=ハミガキしなければ、と対処療法で位置付けるのではなく、
子供をきちんと見てあげることが大事ですね。

 

口呼吸

ふだんから、子供の状態をそっと観察してみてください。オモチャで遊んでいるとき、
TV番組を見ている時、子供の口が開いていることはないですか? 
鼻ではなく口で呼吸すると、口の中がカサカサになります。
口の中がカサカサになると雑菌が増殖し、それが口臭の原因となってしまいがちです。
口の中は唾液で潤っていることで「恒常性維持機能」「免疫」「自浄性」等を保つそうです。
これらの機能がダウンすると、口内環境が悪化。口臭・むし歯・歯肉炎ができる危険性もあります。
口呼吸の癖がある子供は、早めに鼻呼吸できるようトレーニングしてあげると良いと思います。

 

もし乳幼児期を経過していたとしても、おしゃぶりが効果的です。
口を閉じてガムをかんだり、鼻で深呼吸をしてみたり、1日4〜5回短時間ずつでも、
毎日声をかけることで改善していく場合もあります。
悩んでいる場合は、病院に相談してみましょう。

 

膿栓

膿栓は「のうせん」と読んで、文字通り膿(うみ)が固形となったもののことです。
口を大きく開けたとき、喉の奥の扁桃腺があるあたりに
ポツポツとした粒がついているのが見えることがあります。これが膿栓になります。
くしゃみをした瞬間に飛び出てきたり、痰に含まれて取れたりします。
膿が固まっているものですので、かなり強い悪臭を放ちます。

 

これが喉の奥に多く、そこを通った空気が呼吸の度に吐き出されるので、
口臭となるのです。独力で取ろうとして喉の粘膜を傷つけてしまったといったケースもあるので、
気になる人は耳鼻咽喉科に相談してみて下さい。
歯科で口臭外来があるところもありますが、膿栓の処置は耳鼻咽喉科となります。

 

 

「病的口臭」の原因&対処法

 

鼻炎・蓄膿症

口ではなく鼻の奥から漂ってくる臭気のケースは、アレルギー性の鼻炎・副鼻腔炎・
蓄膿症などが挙げられます。鼻の粘膜が炎症が生じ、
鼻づまりが何度も起きるとその奥に膿が蓄積してしまいます。
耳鼻咽喉科で診察をしてもらい、処方される飲み薬で症状が治まります。
急性副鼻腔炎をそのまま放ってしまうと、蓄膿症となりますから、ご注意下さい。

 

鼻の奥に原因がある口臭は、嗅覚のセンサーによって、
近くの人間より本人が先に気づく場合も多いようです。かと言って、
子供の場合は気が付いても言い出すことができないことが大半。
鼻炎や蓄膿症は、鼻づまりがあることから口呼吸となってしまっていることが多いため、
親が子供の様子を見て「口が開いているな」と気が付いたら、
鼻づまりがないか確かめてあげて下さい。鼻づまりがないケースは、
ただ単に口呼吸が習慣になっている、鼻づまりがあるケースは鼻炎のきらいがある、
というふうに判断することができるでしょう。

 

 

風邪・発熱

熱がある場合など、口内の温度が上昇すると唾液の分泌が限定されます。
その上免疫機能のダウンによって、口内に雑菌が繁殖しやすくなってしまうから、
口臭が強くなりがちです。水分をきちんとれていなかったり、
ハミガキする元気がなかったりということも影響してきます。
どっちにしても一時的なものですので、風邪や発熱による口臭に関しては、
特に心配はいりません。

 

一方で、いつもはしない子供の口臭に気が付いたときに「頭痛くない?」
「喉がイガイガしない?」と聞いてみると、かなりの確率で「痛い」と返事しますので、
口臭を子供の健康分析に活用するのも良いと思います。

 

下痢

下痢をしているときは、腸内環境がアンバランスになっていますので、
腸内で発生している悪臭が吸収され呼気(吐く息)に入り混じり、口臭を感じるそうです。
下痢は腸の中のものを体外に押し出すのだから、口臭とはつながりがないと考えがちですが、
実を言うと深く関係しています。腸の中が空っぽで、善玉菌の摂るものがなければ、
病原菌や悪玉菌が優位になってしまいます。

 

病原菌や悪玉菌が引き出すガスが口臭の原因となりますので、
胃腸のコンディションを整えることも口臭対処法の一つとなります。

 

便秘

便秘の時は、特に口臭が強力になるそうです。
人体にとって不要なものが腸内に長くあり続けると、
腸内のタンパク質とアミノ酸が腐敗し、有毒物質が発生します。
それから、アンモニア、スカトール、インドールといった有害なガスも生じます。

 

これらが血液に乗って、身体全体に運ばれ、
口臭や体臭となって外へ出るのです。ペクチン等の水溶性食物繊維を
ふだんからきちんと食べさせる他、身体を使って遊んだりスポーツしたりする
機会を作ってあげて、便秘にならないような状態にしてあげて下さい。

 

 

口臭予防の対策4選

 

1.歯間ブラシを使用しきちんと歯を磨く

一番基礎的なことですが、子供が自分で磨いたくらいでは、
磨き残しが付きものですので、親御さんが必ず仕上げ磨きを
してあげたほうが良いでしょう。

 

また、歯間ブラシを使用したら、取り除けていない歯と歯の間の汚れを
キレイにすることが可能です。乳歯から永久歯へ生えかわる時期は、
歯のサイズも歯並びも不揃いになって、
歯ブラシは磨きにくいため、歯間ブラシが良いと思います。

 

2.鼻呼吸をする

口を開けたままにしたら、口内が渇き口臭のきっかけになります。
子供に話して口を閉じることを意識させたいものです。
それから、鼻が詰まり口呼吸になるケースがあります。

 

慢性的な鼻炎にならないように改善しましょう。
鼻水は飲み込まず、しっかりと鼻をかむことを、
我慢強く教えていくことが大事です。

 

3.水分を取る

水やお茶等を何回も飲むことで、
口の中がカラカラになってしまうのを避けられます。

 

4.舌を動かす

「あっかんべー」のポーズで思い切り、舌を出す等、
舌をコントロールする運動も良いと思います。

 

 

子供の口臭、そのままにして置くと大変なことに!

 

 「ハミガキが出来ていないだけじゃないの?」と口臭を
そのまま放ってもいい事はないです。

 

生理的原因の口臭をそのままにして置くと、
子供の身体の機能に悪い影響を及ぼしますし、
病気的原因の口臭をそのままにして置くと、
重大な病気の発見が遅くなってしまう危険性もあります。

 

生理的口臭

口呼吸によって、ドライマウスが悪化、歯の噛み合わせが悪くなる、
むし歯や歯周病が進行、異物の腐敗が元となる感染症、
自臭症などの心身症

 

病気的口臭

先ほど上げた各病気の発見が遅くなってしまう、
急性鼻炎が慢性鼻炎となる、蓄膿症の発症

 

子供に口臭がある場合、そのことを子供にどういった風に伝えるかについても悩みますね。
年齢が低いと「口臭がある」と言っても、理解しがたいでしょうし、
物心ついてからの年齢になると、口臭があることにショックを受けてしまうかもしれません。

 

「自臭症」といって、気にするほどではない口臭を、
本人だけが口臭がキツイと信じ込んでしまうことにもつながります。
子供に対しては口臭があることを、自覚させるというよりは、
親御さんが子供の体調異変に気づくシグナルとして、
捉えて相応しいケアをするのが良いと思います。

 
トップへ戻る